Webマーケティングにおける予算消化の方法・アイデアをご紹介

whitepaper-yosanshouka

決算のタイミングで自社の予算が余っている、そんな状況に直面するWeb担当者の方は多いのではないでしょうか? 適切に予算を使い切らなければ、来期の予算が下がりかねないため、適切に使い切ることが大切です。

そこで本記事では、Webマーケティングで解決できる予算消化の方法をご紹介していきます。

この記事でわかること

  • 予算消化が必要な理由
  • 有益な予算消化の方法

予算消化とは

予算消化とは、予め決められている予算を年度末までに使い切るための活動を意味します。

予算は、部署ごとに利益目標を達成するために必要な経費として1会計年度ごとに決められます。

この予め決められた予算を使い切ることができず余ってしまえば、企業の利益になるため一見問題がないように思われますが、実は予算消化は翌年度以降の企業の動きに大きく影響するのです。

予算消化が必要な理由

基本的に翌年度の予算は、前年度にどれだけの予算を必要としたかで策定されます。企業は、1年間で使う経費を毎年見直すことで予算の最適化を行います。

そのため、予算を消化していない場合は残った予算が必要のないものとして判断され、翌年度の予算が削られてしまうのです。

また、予算消化をしないまま売上目標を達成していない場合は、予算を活用して適切な施策を行えなかったとして部署全体や責任者の評価が下がることも考えられます。

これらの理由から、毎年決められた予算を確実に消化する必要があるのです。

有益な予算消化の方法は主に2軸

予算消化をしなければいけないからと言って、余った予算を無駄に使うのは良案ではありません。余った予算を有益に使うことは、売上目標の達成にも繋がります。

マーケティングチャネルの強化

自社の商品やサービスが顧客に届くまでにはさまざまなルートが考えられ、例として、チラシや、テレビCMなどが挙げられます。

しかし、テレワークが増えて対面営業などのアプローチが難しくなり、Webマーケティングが主流となった昨今では、Web上での流入経路が増え、リスティング広告やSNS、オーガニック検索などのオンラインチャネルがマーケティングに使われるようになりました。

複数のチャネルを活用することで、より多くの顧客を集客できるようになるため、予算消化ができていない場合は、まだ強化できていないチャネルを強化すると良いでしょう。

クリエイティブやコンテンツ制作の強化

クリエイティブやコンテンツ制作は、顧客の集客には欠かせない要素の一つとなります。広告バナーのクリエイティブや自社サイトの記事コンテンツなど、顧客に問い合わせや購入をしてもらう入り口として欠かせません。

これらは専門的なスキルやノウハウが必要とされるため、専門の部署がない企業は外部に委託することが多くなります。そのため、予算消化ができない場合はクリエイティブやコンテンツ作成などの自社では対応できない部分を強化すると良いでしょう。

予算の配分を考えた上で、これら2つの方法を駆使することが大切です。

マーケティングチャネルの強化

ここでは、マーケティングチャネルの強化方法やアイデアを紹介していきます。

Web広告の出稿

Web広告とは、Web上に掲載されている広告のことです。Web広告には、検索エンジンやメール、SNSなどさまざまな種類がありますが、どれも手軽に始められるというメリットがあります。

SEOは施策開始から効果が出るまでに時間がかかりますが、Web広告は出稿を開始してから効果を得るまでが短く、即効性の高い施策とされています。
また、届けたいユーザーを狙った細かなターゲティングも可能なため、ユーザーに刺さりやすいのも特徴の一つです。

Web広告を利用することで、自社の認知度や売上を向上させたい商品・サービスを宣伝することができるようになるのです。

ソーシャルメディアの運用代行

SNSの普及により、自社のSNSアカウントを持つ企業も増えてきています。しかし、SNS運用は専門的なノウハウも必要となり、効果的に運用できていないケースも多いでしょう。

また、アカウントを育てるためには継続的なコンテンツ投稿が必要となり、忙しくて時間が取れないという担当者も多いです。

そのため、予算消化のためにソーシャルメディアの運用代行を利用することで、業務の負担軽減だけではなく、効果的なSNS運用が可能となります。

このように、さまざまなマーケティングチャネルを強化することで、有効的な予算消化ができますが、予算配分を考慮しながら広告出稿やSNSアカウントを強化することが大切です。

クリエイティブやコンテンツ制作の強化

ここでは、クリエイティブやコンテンツ制作の強化方法やアイデアを紹介していきます。

SEOの記事制作代行

SEOとは、検索エンジンのオーガニック検索において自社サイトが上位表示されるようにサイト内を最適化することです。SEO対策を行った記事コンテンツを作成することで、自社商品やサービスの紹介ページを検索結果の上位に表示させることができます。

広告ではなく、記事としてユーザーに見てもらうことができるため、ファン獲得やブランディングにも繋がります。しかし、SEOには専門的な知識が必要となるため、SEOの設計や記事制作を社内で行えないという企業も多くあるでしょう。

そのため、予算消化の方法として専門業者にSEO記事の作成を依頼するという方法があります。

バナーやサイトのデザイン改修

広告用のバナーやサイトデザインなどは、今必要でなくても将来的に必要となることもあるでしょう。Webサイトやページは、効果を上げるために定期的にデザインの見直しや情報更新が必要となります。

そのため、予算消化のタイミングでリニューアルする企業が多く、余った予算でクリエイティブ制作を依頼するという方法もあります。

バナー作成やサイトのデザイン監修は、Webデザインの専門的なスキルやノウハウが必要となるため、社内で対応できない場合もあります。また、バナーやサイトのデザインは、ユーザーに対して大きく影響を与える要素にもなるため、戦略的に投資することが重要です。

ホワイトペーパーなどの資料強化

企業の商品やサービスについて細かく紹介するホワイトペーパーや資料なども、コンテンツの一つです。これらのコンテンツは多くの場合、問い合わせなどの目標獲得の際に使用されるため、見込み顧客(リード)の獲得に重要な役割を果たします。

そのため、構成やデザインなどを工夫し、課題解決を訴求するものである必要があります。プロにホワイトペーパーや資料の企画制作を依頼することで、より効果的に活用することができます。

ここまででご紹介したコンテンツ作成は、単発で発生するコストとなるため予算紹介の方法としては最適です。それぞれ、集客強化のためには重要な要素となりますが、特にホワイトペーパーは、新規リードを獲得できるので、営業アプローチやナーチャリングでの信頼関係構築に繋げることが可能です。制作して終わりではなく、企業にとって有益な情報を獲得できるので、来期に繋がる予算消化の方法になります。

まとめ

本記事では、企業のマーケティング予算消化の重要性やアイデアについてご紹介しました。来期を見越して、リード獲得できるホワイトペーパー強化をおすすめします。

ホワイトペーパー作成でお困りの方はこちらからお問い合わせください。

WPサービスページ遷移
中野史織

記事の投稿者: 中野史織

Appmartの営業担当です。コンテンツマーケやSEOを通して、クライアントの成果に繋がるよう励んでいます!47都道府県制覇に向けて毎シーズンどこかしらにお出かけ中。

↑