SEOができるライターってどんな人?見つけるための方法や注意点を解説

お悩み解決資料公開中

SEOライターの探し方

SEOで大切なのは、良質なコンテンツを作り出すこと。そのためには、どうやったら上位表示できるかを考えて執筆できる「SEOができるライター」に依頼することが近道です。
ですが、これからライターを探そうと思っているオウンドメディア担当者の中には、「SEOができるライターってどういう人なのか」「どうやってライターを探せばいいのか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?
この記事では、SEOができるライターを探しているオウンドメディア担当者に向けて、探し方や依頼するうえでのポイントをご紹介します。

この記事でわかること

  • 「SEOができるライター」がどういう人のことを指すのかがわかる
  • SEOライターを見つける方法がわかる
  • 優秀なSEoライターかどうかを判断する方法がわかる
お悩み解決資料公開中

そもそも「SEOができるライター」ってどういう人?

SEOができるライターを探そうと思っても、「そもそも、SEOができるライターが、いったいどういう人のことなのか」がわからないと、なかなかイメージがつかめないかもしれません。

「SEOができるライター」ということは、「SEOを意識したWEBライティングができるライター」ということです。具体的には、企業が指定したキーワードやペルソナ像をしっかり汲み取ってタイトルや見出しで訴求するといった基礎的なことや、指定したキーワードを入力したときに自動的に表示される検索候補(サジェストワード)でユーザーの意図を分析して、キーワードと一緒に使われている言葉(共起語)を記事内に盛り込んでいく、といったスキルが問われます。

このようなことを意識してライティングすることで、検索エンジンに評価され、キーワードを検索して来てくれたユーザーの満足度を上げる記事コンテンツを書くことができるライターが、「SEOができるライター」だといえるでしょう。

SEOライターを見つけるための方法

SEOライターを見つけるための方法

SEOができるライターを見つけるためには、どのように探したらいいのでしょうか?
代表的なライターの探し方をまとめました。

自社サイトで募集する

ライターを募集するうえで、まずは自社サイトで募集をかけようと考える方が多いのではないでしょうか。

自社のサイトから申し込みを行うライターは、申し込む前にサイトを確認している可能性が高いです。そのため、自社のコンセプトや発信していきたいコンテンツの内容などをいち早く理解してくれるでしょう。

ただし、募集をかけていることに気付いてもらわないと意味がないので、自社サイトで募集をかけるときは募集内容や掲載する位置などに気を遣ってみたり、ほかの方法と組み合わせて利用するのがおすすめです。

クラウドソーシングで募集する

ライターを見つけるにあたって、クラウドソーシングサービスを利用する企業も多いです。

クラウドソーシングサービスには多くのライターが登録しており、日々仕事を探しています。一度の募集で多くのライターが申し込みをしてくれるという状況も珍しくないので、比較的短時間でライターを見つけやすいというメリットがあります。

ですが、初心者からプロフェッショナルまでさまざまなタイプのライターがいるため、自社が執筆してほしい内容を書くことができるのかをしっかり判断する必要があります。
また、クラウドソーシングサービスは自社とライターの直接契約を禁止しているため、案件が発生するたびに依頼する必要があります。優秀なライターは他社の案件でスケジュールが埋まってしまう可能性があるので、安定して記事の質を担保したい場合は他のクラウドソーシングサービスを併用しても良いでしょう。

専門会社に外注する

ライター探しとは少し方向が変わりますが、SEOライティングを含めたコンサルティング会社に外注するという方法もあります。外部のSEOライティング会社は、記事コンテンツの品質を担保するフローが整っていたり、サイト全体のSEO対策をアドバイスしてくれるシステムが整っているところが多いです。

自社サイトでの募集やクラウドソーシングサービスよりもコストが高くなってしまう傾向はありますが、品質が高い記事コンテンツを蓄積していくためには有効な手段といえます。

優秀なSEOライターなのか判断するポイント

では、優秀なSEOライターなのかを判断するためには、いったいどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

これまでの経歴を確認する

ライターから募集があったら、まず応募書類をチェックしましょう。特に、これまでの経歴と自社が依頼したい記事コンテンツの内容が合っているかどうかを確認することが重要です。例えば、簿記の知識が必要な記事を依頼したい場合、経理を担当していた方や簿記の資格を持っているライターが書くことで、記事内容がブレる可能性が少なくなります。

ライターが経験したことのあるジャンルや得意なジャンルと自社が作ってほしい記事コンテンツが一致すれば、SEOの評価基準である専門性の高い記事を作れるチャンスがグッと高まります。

テストライティングをおこなう

いくらSEOに理解があるといっても、記事作成には文章力が必要不可欠です。募集してきたライターの文章力を確かめるためには、テストライティングをしてみることをおすすめします。

テストライティングを行うことで、ライターが書く文章の傾向を把握でき、自社が書いてほしい記事コンテンツとマッチするかどうか判断する大事な材料となります。

SEOライターに依頼するときのポイント

SEOライティングをライターに依頼する際は、下記のポイントを意識して依頼しましょう。

掲載するメディアの情報を共有する

自社の情報や掲載するメディアの情報を共有することで、ライターはなぜこの記事を必要としているのかを理解しやすくなります。執筆を依頼するうえでの基本情報となるものなので、SEOライティングをするときは必ず共有するようにしましょう。

ペルソナ像とキーワードを理解してもらう

SEOライティングは、誰にどんなことを伝えたいのかを明確にしなければいけません。この部分が明確でないと、何を伝えたいのかハッキリしない記事になってしまいます。ライターにはこれから作る記事を読んでほしいペルソナ像と、狙いたいキーワードを理解してもらいましょう。

最終的なイメージを共有する

依頼者とライターとの間で「どんな記事ができてほしいか」というイメージが合っていないと、想定と違うものが出来上がってしまう可能性があります。記事制作に入る前に、ベンチマークとなるサイトや記事を共有しておくと、イメージを合わせることができるでしょう。

お悩み解決資料公開中

SEOでは「どれだけ検索意図を理解して書けるか」が重要

SEOライティングは、ユーザーの検索意図をどれだけ理解して情報を発信できるかに尽きます。そのため、ペルソナ像やテーマとなるジャンルの知識はもちろん、検索意図の分析も必要になります。

現在はMIERUCA(ミエルカ)やSEARCH WRITE(サーチライト)、Keywordmap(キーワードマップ)など、AIを使ったさまざまな分析ツールが出てきました。これからSEOライティングを依頼したいと考えている方は、自社内で検索ユーザーの意図を分析し、記事の設計ができる場合はライター提携で、自社でそこまでできない企業はSEOライティングを含めたコンサルティング会社に依頼するのが良いでしょう。

室伏邦彦 記事の投稿者: 室伏邦彦

Appmartでコンテンツディレクターとして働いています。楽器販売・古本屋・不動産営業など、いろんな業界を経てWEBライター・編集者となったアラサー。趣味はバンド活動と街ブラです。さまざまな業種で得た経験をもとに、お役立ち情報を発信していきます!