SEO対策に効果的なHTMLコーディングのポイントとは?

seo-cording
SEO対策を行う上で、HTMLコーディングの重要性について気になる方は多いでしょう。適切なコーディングが上位表示に影響することは確かです。

そこで本記事では、SEO対策におけるHTMLコーディングの重要性やポイントについて解説していきます。

この記事でわかること

  • SEO対策におけるHTMLコーディングの重要性
  • SEO対策に効果的なHTMLコーディングの方法
  • SEO対策向けのHTMLコーディングのポイント

SEO対策においてHTMLコーディングは重要

検索エンジンはコードを解読してサイトの内容を理解するため、検索エンジンに適切に評価してもらうための正しいコーディングが重要となります。

しかし、HTMLなどの記述はルール化されているわけではないため、開発者によってコードの記述方法が異なり、ブラウザによって互換性がないということもあります。

このような課題を解決する方法として、W3Cコーディングを遵守することが重要となります。

W3Cに則ったコーディングが前提

W3Cとは「World Wide Web Consortium」の略称で、Web技術における標準化を推進する国際的な非営利団体の名称です。Web技術とは、サービスの品質を決めるHTMLやCSS、XMLなどが挙げられます。

Webサイトは、閲覧するブラウザやブラウザのバージョンが異なることで、Webサイト閲覧時の挙動が異なるケースが起こります。このようにブラウザやブラウザのバージョンが異なった場合においても正常にWebサイトが閲覧できるような互換性が求められます。

このようにインターネットでは互換性が重要とされており、W3Cに則ったコーディングは互換性を保証することに繋がります。ユーザーの利便性や開発者の負担軽減のためにも、Web技術の標準規格に基づいたHTMLコーディングを行うようにしましょう。

SEO対策に効果的なHTMLコーディングの方法とは

ここでは、SEOの主要HTMLタグのコーディング方法のコツについて紹介します。

titleタグ

titleタグは検索結果に表示され、ユーザーが一番最初に目にする部分となるため、重要なタグの一つとなります。そのため、30字程度でユーザーがクリックしたくなるようtitleを意識する必要があります。

titleタグではページの内容がひと目で分かるように、狙ったキーワードを含める必要があります。また、検索エンジンは左から右に情報を読み取るため、対策キーワードはなるべくtitleの前半に入れるようにしましょう。

hタグ

ページの見出しに当たるhタグも、ページの内容を伝える重要な要素となります。ユーザーの検索キーワードとページの関連性を検索エンジンに伝達するためには、titleタグ同様にhタグにも対策キーワードを含める必要があります。

また、タグ構造が適切でなければ検索エンジンがページ内容を正しく理解することができないため、ページ構成に沿って適切にhタグを設定することが重要です。

descriptionタグ

descriptionタグとは、ページ内容を100字程度で説明するタグです。titleタグ同様に検索結果に表示される部分となるため、クリック率に大きく影響する要素となります。

ユーザーの検索キーワードとの関連性を示すためにも、対策キーワードやそれに関連するキーワードを入れましょう。

descriptionタグが未設定の場合は、検索エンジンが自動生成した文章が表示され、文章がおかしくなることもあるためしっかりと設定しておくことが重要です。

aタグ

aタグ(アンカータグ)とは、テキストにリンクを設置する際に用いるHTMLタグです。aタグを設定したテキストは、青色で表示されます。

検索エンジンは、ページ内のリンクを辿ってページの評価を行います。そのため、アンカーテキストにリンク先の内容を簡潔に表現する文言を入れ、検索エンジンに分かりやすく内容を伝えられるようにしましょう。

imgタグ

imgタグ(イメージダグ)には、画像の説明文であるalt属性を設定するようにしましょう。検索エンジンのクローラーは、画像の内容を正確に理解することができないため、画像の内容を文章にして伝える必要があります。

また、alt属性を設定していると画像が正しく表示されない時にどのような画像が使用されているのかをユーザーに伝えることができます。

liタグ

liタグ(リストタグ)は、箇所書きリストを作る際に使用するタグです。ページ内で箇条書きで説明する際は、この箇所書きタグを使ってコーディングすることでユーザーの読みやすさに貢献するだけでなく、強調スニペットで表示される可能性が高まります。

強調スニペットとは、Googleの検索結果画面の最上部に表示される仕組みのことで、よりユーザーの目に付きやすいような形で表示されるため流入数の増加を期待することができます。

ここまで複数のタグについて解説してきましたが、それぞれのタグに最適なHTMLコーディングを心がけることで、効果的なSEO対策を行うことができます。

SEO対策に効果的なHTMLコーディングのポイント

SEO対策におけるHTMLコーディングでは、以下の3ポイントを意識したコーディングが求められます。

セマンティックコーディング

セマンティックコーディングとは、ページ内に記述されたメタデータを一定の規則に従って付与することで、検索エンジンが内容を理解し処理しやすいようにコーディングすることです。

HTMLでは、header・footer・nav・articleなどのタグ定義が例として挙げられます。このHTMLタグを利用して文章の意味やページの構造を明確にすることで、検索エンジンが理解しやすくなります。

セマンティックコーディングを行うことで、ユーザーの検索キーワードとページ内で提供する情報とがマッチングする確率が高くなり、SEOに効果的となるのです。

構造化データマークアップ

セマンティックコーディングを導入することで、検索エンジンは以前よりもサイトやページ内容を理解できるようになりました。しかし、まだ完全ではないためWebページの構造を検索エンジンに適切に伝えることができる「構造化データマークアップ」が重要となります。

構造化データマークアップとは、テキストの情報やコンテンツの内容を適切に理解してもらうための記述方法のことです。

構造化データマークアップのメリットとしては、検索エンジンがコンテンツ内容を理解しやすくなるだけではなく、検索結果画面のリッチスニペットに表示されやすくなります。

コアウェブバイタル対策

コアウェブバイタルとは、Googleが発表しているWebページのUXにおける重要指標を指します。コアウェブバイタルには次の3つの指標があり、UXで核となる考え方となります。

  • LCP(読み込み時間)
  • FID(インタラクティブ性)
  • CLS(ページコンテンツの視覚的な安定性)

これらの指標を満たすためには、HTMLコーディングやCSSの構造等が最適化されていなければいい評価を得ることができません。そのため、コアウェブバイタルを意識したコーディングが重要となります。

このように、3つのポイントを意識したコーディングにより、SEOでの上位表示が実現できるようになるのです。

まとめ

SEO対策においてHTMLコーディングは重要な要素の1つです。しかし正しくコーディングしなければ順位向上につながらないこともあるので意識すべきです。これからSEO対策を行う方は適切なコーディングを行いましょう。

SEO対策に困ったらこちら

中野史織

記事の投稿者: 中野史織

Appmartの営業担当です。コンテンツマーケやSEOを通して、クライアントの成果に繋がるよう励んでいます!47都道府県制覇に向けて毎シーズンどこかしらにお出かけ中。

↑