SEOを意識した記事を作る方法とは?書き方のポイントも紹介

seo-article

SEO対策において記事制作は重要な対策の1つとなりますが、そもそもなぜ重要なのかいまいち理解せずに進めていませんか。記事制作が重要な理由や適切な記事制作の方法について理解することで、SEO対策に効果的な記事制作を行えるようになります。

本記事では、SEO対策における記事制作の重要性やポイントに関して詳しく解説していきます。

この記事でわかること

  • SEO対策において記事制作が必要な理由
  • SEO対策に強い記事を作る方法
  • SEO対策につながる記事の書き方のポイント

SEO対策において記事制作が必要な理由とは

SEO対策にはさまざまな手法がありますが、中でも記事制作は重要な対策の1つとなります。SEO対策において記事制作が必要な理由は、主に2つあります。

1つ目は、1キーワードでの上位表示を1記事で実現できるということです。検索ボリュームの大きいビッグキーワードは例外となりますが、検索ボリュームによってはユーザーの検索ニーズを満たしていれば1つのキーワードで十分に上位表示を狙うことが可能です。

そして2つ目は、制作費が安く費用対効果が高いということです。記事制作は、一度作ってしまえば資産として残るため、長い目で見ると1記事の制作単価が安く広告の費用対効果が高くなります。

手軽に始められる上に長期的な目線で費用対効果が高い記事制作は、SEO対策において有効な手法の1つとなります。

SEO対策に強い記事を作る方法

ただ記事を作成するだけでは意味がないため、SEO対策に強い記事を作ることが重要となります。ここでは、SEO対策に強い記事を作る方法をご紹介します。

キーワード設計

まずは、どのような内容で記事を作成するかを決めるキーワード設計を行います。自社がターゲットとするユーザーが、どのようなキーワードで検索するのかを考えながら、対策するキーワードを選定していく必要があります。

キーワードは、検索ボリュームやサイトとの関連性、見込みアクセス数から決めると良いでしょう。

ユーザーニーズ調査

キーワード設計ができたらユーザーニーズの調査を行います。検索エンジンは、ユーザーに価値のある情報を上位表示させようとします。そのため、ユーザーの求める情報を盛り込んだ記事内容である必要があります。

ユーザーに価値のある情報を提供するためには、まずはユーザーニーズを正しく理解することが重要です。どのような検索意図を持って検索しているのか、どのような情報を知りたいと思っているのかをしっかりと考えてみましょう。

また、キーワードと一緒に検索されるサジェストキーワードなどの関連語を確認することも大切です。

記事構成作成

最後に、ユーザーニーズ調査をもとに記事構成を作成していきます。ユーザーの悩みや課題を解決できるよう、起承転結を意識して情報を網羅的に入れるようにしましょう。

また、見出しには対策キーワードや関連語を入れ、検索キーワードとの関連性を高める必要があります。これは検索エンジンに評価されやすくなるだけでなく、ユーザーにもサイトの内容を簡潔に伝えられるというメリットがあります。

これら3つの方法で記事制作を行うことで、SEO対策に強い記事を作ることができます。

SEO対策につながる記事の書き方のポイント

記事を執筆する際には、次の3つのポイントを意識して記事を執筆することが大切です。

タイトルにキーワードを入れる

タイトルはユーザーが一番最初に目にする部分となるため、記事の内容がひと目で分かるようなタイトルをつけるようにしましょう。

知りたい情報があると思えばユーザーもクリックするため、検索キーワードをタイトルに含めることが重要です。

また、他サイトのタイトルとの差別化も大切となります。クリックしたくなるようなタイトルを30字前後でつけると良いでしょう。

曖昧な表現を避ける

検索エンジンはページのランキングを行う際に、コンテンツの質を重要視します。コンテンツの質を判断する際の基準となるのがE-A-Tです。

E-A-Tは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取った造語で、高品質な記事制作には欠かせない要素となります。

そのため、記事内で曖昧な表現をしてしまうとE-A-Tを満たしていない低品質なコンテンツとして判断されてしまうことがあります。

記事を作成する際には曖昧な表現を避け、情報源を記載したり専門家の監修を受けたりと、E-A-Tを満たした高品質な記事を作ることが大切です。

ユーザーファースト

Googleは、ユーザーファーストであることを重要視しています。ユーザーファーストとは、ユーザーを第一に考えるという意味です。

記事制作におけるユーザーファーストは、ユーザーニーズを満たしている内容になっていることや、ページの読みやすさや見やすさなどがあります。

たとえば、難しい内容であってもわかり易い表現を心がけることや、視認性の良い文字サイズや色で整えることなど、ユーザーを第一に考えた記事制作がポイントとなります。

ここまでで解説してきた3つの中でも、特にユーザーファーストはGoogleで重要視される箇所であり、SEO全般に当てはまる概念となります。

SEO対策の記事数の考え方

実際に記事作成を行うときには、どのくらいの記事数が必要になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。必要な記事数は、情報網羅性や対策キーワード選定の観点から異なります。

網羅性を高めるために最適な記事数は必要

網羅性を高めようとすると、キーワードの範囲を広げて記事を作成していく必要があります。そのため、記事数もキーワードの数だけ必要となります。

たとえば、「SEO」といっても幅広く「SEO 内部対策」や「SEO 外部対策」などと更に深堀りすることができます。

このように、1つのテーマを網羅的に扱いたい場合には記事数が多くなるでしょう。

対策キーワード次第で最適な記事数が決まる

1つの軸となるキーワードでも、その他のキーワードを掛け合わせることで検索ボリュームの低いロングテールキーワードが無数にでてきます。ロングテールキーワードでの上位表示は比較的に難易度が低いですが、1つの記事だけで流入数が大幅に増えるということはありません。

そのため、このような場合には記事数を増やしながらサイト流入を増加させていく必要があります。このように、対策キーワード次第で記事数が異なります。

自社が対策するキーワードの性質を見極めた上で、必要な記事数を決定することが重要です。

まとめ

本記事では、SEO対策における記事制作のポイントや記事数の考え方について解説しました。自社の商品・サービスによって必要な記事数が異なることもあるため、サービスの特性を見極めた上で最適なSEO対策を行うことが大切です。

メディア担当者1人で完結!SEOチェックリスト50選 ーコーディング知識一切不要!ー

「色んなSEOチェックリストがあるけど、そのあと結局どうしたらいいかわからない。自分で解決できるチェックリストが欲しい」
そんなご相談をいただきました。

確かにSEOのチェックリストは色んな所に情報はあるものの,
ではチェックした後どうすればいいの?と感じる方も多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決するために、今回は
【メディア担当者が1人でチェック⇒解決できる!】というコンセプトをもとに、SEOチェックリストをご用意いたしました!

フォームに必要事項を入力すると資料をダウンロードできます。

中野史織

記事の投稿者: 中野史織

Appmartの営業担当です。コンテンツマーケやSEOを通して、クライアントの成果に繋がるよう励んでいます!47都道府県制覇に向けて毎シーズンどこかしらにお出かけ中。

↑