SEO対策における被リンクとは?効果や注意点、獲得方法を紹介

被リンク
SEO対策において、被リンク獲得がどれほど重要なのか、どのように獲得できるのかがいまいちわからないという方は多いでしょう。
そこで本記事では、SEO対策における被リンクの概要や獲得方法について詳しく解説していきます。

この記事でわかること

• SEO対策における被リンクの重要性
• 被リンクの利点と注意点
• 被リンクの獲得方法

SEO対策における被リンクとは

被リンクとは、第三者である外部からの設置された自社のリンクを指します。SEO対策はサイト内部で行う内部対策と、他サイトから評価をしてもらう外部対策の2つに大きく分けられます。このうち、外部対策といえば被リンクと言っても過言ではないほどSEOにおいて重要です。

ネットショッピングで評価の高い商品が売れやすいのと同じように、多くの被リンクを獲得しているWebサイトは、検索エンジンからも評価されやすくなります。

良質な被リンクと低品質な被リンクとは

数年前までは、被リンクの量が重要とされていましたが、Googleが実施したペンギンアップデート以降は、被リンクの量よりも質がより重要視されるようになりました。

良質な被リンクとは、権威性のあるドメインを持つサイトや関連性が高いサイトから獲得できるリンクを言います。一方で、低品質な被リンクとは、良質な被リンクとは反対のものや、自作自演で大量の被リンクを設置しているサイトなどが挙げられます。

自社サイトを強化できる被リンクを計画的に獲得するためには、良質な被リンクとそうでないものをしっかりと見分けることが重要です。

被リンクを獲得するメリット

サイトの評価に大きく関わる被リンクには、主に次のようなメリットがあります。

Webサイトの評価を高める

検索エンジンの評価基準にもなる被リンクは、Webサイトの評価向上にも影響します。Webサイトが高く評価されれば上位表示されやすくなり、結果としてサイトへの流入数を増やすことができるようになります。

ただし、質の低い被リンクを多く集めてもかえって自社サイトの評価を下げてしまう可能性もあるため、良の高い被リンクを獲得する必要があります。

他サイトからの流入が期待できる

さまざまなサイトで紹介されることで、自然検索からの流入以外にも他サイトからの流入も期待できます。

そのため、異なるドメインから被リンクを獲得すればするほど、自社サイトを見てもらえる機会が増えるということになります。被リンクは、自社サイトの評価を高める以外にもサイト全体の流入を増やすことができるというメリットがあります。

被リンクを獲得する際の注意点

被リンクはむやみやたらに獲得するのではなく、次の4つのポイントに注意して獲得する必要があります。

被リンクの購入は行わない

被リンク獲得を増やす目的で、意図的にリンクを購入する行為はペナルティの対象になる恐れがあります。検索順位を上げるためのリンク購入はブラックハットSEOと言われ、数年前までブラックハットSEOを行う低品質なサイトが検索結果の上位を独占する状態となっていました。

このようなサイトをなくすためにGoogleはペンギンアップデートを行い、不正なリンク構築を行うサイトの検索順位を下げるようになりました。そのため、意図的に被リンクを増やすためにリンクを購入することは行わないようにしましょう。

自社サイトと関連性が低いリンクはもらわない

Googleの検索エンジンは、ユーザーの検索ニーズを満たしたユーザーファーストなコンテンツを上位に表示させます。そのため、関連性のないもしくは質の低いサイトの被リンクはユーザーの検索意図とは異なるため、被リンク獲得をする際には被リンク元との関連性を確認することが重要です。

隠しリンクは行わない

隠しリンクとは、ユーザーには見えない形で設置されているリンクのことです。アンカーテキストの色を背景色と同じにしてわかりにくいよう設置したり、視覚的に認知できないような文字サイズに下げるなどの行為が当てはまります。

このような行為は、Googleから質の低いコンテンツとして判断されてしまうこともあるため、隠しリンクなどの仕掛けは行わないようにしましょう。

また、このような仕掛けをしているサイトからの被リンクを受けないようにすることも大切です。

SEOのための相互リンクを避ける

相互リンクとは、お互いのサイトがリンクを渡し合うことです。SEOを謳ってリンクを集めたWebサイトは、意図的に被リンクを集めていると判断され、Googleからペナリティを受ける可能性があります。

相互リンクはSEO効果がありますが、意図的に行うものではないことを意識しましょう。

被リンクを獲得する方法

SEO対策に欠かせない被リンクですが、意図的に獲得しようとすればペナルティを受ける可能性があります。そのため、次のような方法で自然なリンクを獲得するようにしましょう。

質の高いコンテンツを作成する

誰かに紹介したいと思わせるような内容のコンテンツが質の高いコンテンツと言えます。ユーザーの検索意図を理解し、ユーザーの悩みや課題に応えるようなコンテンツが質の高いコンテンツとして評価されます。

高く評価されることで検索結果上位に表示され、より多くのユーザーにコンテンツを届けられるようになります。

サイトにSNSシェアボタンを設置する

検索エンジンのみを利用するのではなく、SNSなどの別のメディアを活用することも重要です。被リンク獲得の基本は、より多くのユーザーに見てもらうことです。そのため、サイト内にSNSシェアボタンを設置し、コンテンツを見たユーザーがシェアしやすいように誘導してあげましょう。

SNSは原則直接的な被リンク効果はありませんが、拡散性が高いためSNSでシェアされることによりコンテンツを見てもらう機会が増え、結果的に被リンクが増えやすくなります。

優良広告を利用する

「Google広告」や「Yahoo広告」などの有料広告を活用することで、多くのユーザーを自社サイトに流入させることができるようになり、良質なコンテンツを知ってもらうきっかけにもなります。

また、近年注目されているはSNS広告もサイト流入数を増やすためには効果的です。多くの人にサイトやコンテンツを見てもらい、被リンク獲得を行う手段として有料広告を活用するのも良いでしょう。

被リンクの調べ方

被リンク調査では、自社サイト及び競合サイトの被リンクを調べることが重要です。自社や他社の状況を把握することで、被リンク獲得施策の改善に役立てることができます。

自社サイトの被リンクの調べ方

自社サイトの被リンクを調べるには、Google Search Consoleの使用がおすすめです。Google Search ConsoleはGoogleが提供する無料ツールで、自社サイトの被リンク詳細を見ることができます。

Google Search Consoleはこちら

被リンク元や被リンク元に使われているテキストなどの詳細を知ることで、外部対策をさらに強化することができます。

競合サイトの被リンクの調べ方

競合サイトの被リンクを調べる際には、競合調査ツールの活用がおすすめです。中でも、おすすめツールがAhrefsです。

Ahrefsはこちら

Ahrefsは、競合サイトが獲得している被リンク数や被リンク元を確認することができる有料ツールで、過去に失ったリンクや新たに増えたリンクなども見ることができます。

まとめ

本記事では、SEO対策における被リンクの概要やメリット、獲得方法について詳しく解説してきました。SEOにおいてドメインパワー強化は重要な要素のため、戦略的に対策を行うことをおすすめします。

メディア担当者1人で完結!SEOチェックリスト50選 ーコーディング知識一切不要!ー

「色んなSEOチェックリストがあるけど、そのあと結局どうしたらいいかわからない。自分で解決できるチェックリストが欲しい」
そんなご相談をいただきました。

確かにSEOのチェックリストは色んな所に情報はあるものの,
ではチェックした後どうすればいいの?と感じる方も多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決するために、今回は
【メディア担当者が1人でチェック⇒解決できる!】というコンセプトをもとに、SEOチェックリストをご用意いたしました!

フォームに必要事項を入力すると資料をダウンロードできます。

瀧晃一

記事の投稿者: 瀧晃一

Appmartで営業を担当しています。 コンテンツマーケやSEOを通して、クライアントのお役に立てるよう励んでいます。 出勤前のサウナと出勤後のビールでアイデアを活性化させています。

↑