オウンドメディアに必要な費用とは?導入前に押さえておきたいポイント

オウンドメディアの費用はどれくらいかかるのか
今回はお問い合わせでもよくいただく、オウンドメディアを制作、運営していくうえでの費用がどれくらいかかるのかという点についてです。

オウンドメディアやコンテンツマーケティングという言葉がいろいろな所で使われるようになり、
今まで参入していなかった企業もどんどん導入しはじめていますが、どの企業でも気になるのが運営に必要な費用感。

企業としては出来るだけコストを抑えて、今いるスタッフで制作から運営までまわしたいけれども、既存の業務がメインで担当の手を空けられないという企業様も多いようです。
ましてや、成功させる為のノウハウを持ち得ていない場合、どこにどれだけコストをかけてよいのかがわからないと言う声も多くありますので、まずは導入前に抑えておきたいコストのポイントを確認してみて下さい。

コストの種類

まずオウンドメディアを構築して運営していく上で、人の手がかかるものがこちらになります。

A.企画項目

1.オウンドメディアの企画骨子

誰に対してどんな情報を発信するメディアにするかの骨子

2.コンテンツマーケティング戦略

骨子を基にどのようなコンテンツを発信していくのかのコンテンツマーケティング戦略

B.制作項目

3.サイト自体の制作

デザインやコーディングなどそのものの構築

4.サーバー周り

サーバーの構築からDNSの設定、バックアップやページスピードなどの調整

5.コンテンツの制作

記事や動画など、配信していくコンテンツの制作

C.運営項目

6.解析と改善

スタートしてから各数値やキーワードの解析と改善施策の仮説や調査

7.運用更新

コンテンツの新規投稿や改善項目のリライト(編集)

大きくわけて7つの項目があり、社内で作るにしろ、外部を使うにしろそれぞれ人の手がかかるので当然コストが発生します。
そこでそれぞれどれくらい費用がかかってくるのかを見ていきたいと思います。

どの項目にどれくらいコストがかかるのか

かかるお金

外注する場合のコスト感

外部に依頼した場合にはどれくらい費用がかかるのかを見ていきます。

オウンドメディア自体の制作費用

まず前提としてコンテンツがメインとなるメデイアなので、CMSという投稿管理の機能がついているWEBサービスを使うことをおすすめ致します。

・簡単にサイトが作れるCMSの場合

費用感:5万円前後〜/月額
契約形態:ツール利用料など

社内でWEB制作を出来るスタッフがいなくサイトを作りたくても作れない場合は、ドラッグ&ドロップで簡単にサイトを作る事ができる便利なCMSがあるのでそちらを活用してみるのも良いと思います。
(※基本のデザイン等は別途用意する必要があります)

こちらのCMSの場合はツール利用料という形の月額契約が多く、費用も月額5万円前後と比較的導入もしやすい上、初心者でもWEBページ自体簡単に作る事が可能になっています。
ただし、デザイン制作やSEO対策など、自分たちでやらなければいけない事も多いため、それぞれのCMSの契約内容をきちんと確認することをおすすめ致します。

・自由度の高いCMSの場合

費用感:数十万円〜/1メディア制作
契約形態:制作費

WordPressなどが一般的で、自由度も高くテンプレートやプラグインも豊富なので、やりたい事の実現性が高いCMSです。
ただし、テーマによっては制約があるものやSEO的にあまりよくないテーマなども多々あるので、WEB制作の知識が無い場合は、制作コストはかかりますがデザインから構築まで制作会社等にお願いする形が良いかと思います。
また、WordPressの場合は更新作業が発生してきますので、保守または運用までしてくれる会社にお願いすることをおすすめ致します。

コンテンツ制作のコスト

・記事制作を行っている会社の場合

費用感:約1万5千円〜8万円前後/1記事
契約形態:制作費

こちらの望んでいる記事イメージに合わせて、ディレクションを行いながら納品までしてくれるところがほとんどですので、こちらの手間は省けます。
ライターのレベルや記事の内容によっても異なりますが、一般的な相場感は1記事数万円前後となっており、有名なライターの利用や専門性の高い記事の内容、取材などで拘束時間が長くかかるものなどは、この金額で収まらない事も多いので、目的に応じて相談をしてみると良いかと思います。

・クラウドソーシングを活用する場合

費用感:約1,000円前後〜/1記事
契約形態:制作費

ぐっとコストを抑えて手軽に記事を集める事が出来るのが特徴のクラウドソーシングサービスです。
ただし執筆するライターによってクオリティの差がかなり出てきてしまうことが多い為、良いライターの見極めや記事の依頼方法の工夫などが必要です。
また、コンテンツSEOという観点でリライト(編集)が出来る人材が社内にいない場合は、コンテンツの質を高めていく作業が大変になることも多々あります。
こういった事に備えて、クラウドソーシングの企業側が、ディレクション込みのサービスを提供しているケースもあるので相談してみるのも良いかと思います。

・動画制作の場合

費用感:数万円〜数百万円/1本
契約形態:制作費

動画を撮影するに当たっての企画やシナリオ、機材やロケ、撮影クルーの手配、グラフィックやアニメーションの有無などによってコストは大きく変わってきますが、インタビュー系の動画制作については比較的安価な10万円前後〜、モーショングラフィックを使ったものなどは100万円前後など同じ分数でも制作会社によっても大きく変わってきますので、都度確認してみて下さい。

運営代行という形で制作から運営までを委託する場合のコスト感

費用感:制作費+約30万円前後〜/月額
契約形態:運営代行費

企画戦略立案、CMSを使ったメディアの制作、コンテンツ制作、解析と改善、リライトなど、オウンドメディア導入から運営に必要な項目を、約1人分の人件費で依頼出来るのがオウンドメディアの運営代行業者。

導入するうえで全般的にコストを抑えることが出来るので、初期の導入としては実はおすすめの方法です。
また、既に運営しているものであれば、初期の制作費はかからないので成果が出ずに悩んでいる場合は委託してみるのもありかと思います。

自社で全て行う場合のコスト感

費用感:月額約90万円(人件費換算)
条件:運営ディレクション、WEB制作、コンテンツ制作担当3名のプロジェクトチームの場合

社内で全て内製できる場合は、外部へのコストは基本的にはかかりませんが、メディアに関わる人件費として当然コストが発生します。
上記A-Cまでを社員一人で実行するにはなかなか厳しいので、プロジェクトチームを組んで、各担当に業務を割り振る事が重要です。

もしもどこかのポジションを担う人材がいない場合は採用をかけなければいけませんが、その場合1人の採用費用として広告なら数十万円〜、人材紹介なら100万円〜200万円程度かかってきてしまいます。
採用する人材のスペックにもよりますが、マーケティング関連も含め教育していくことも考えると非常にコストがかさんでしまうケースもあります。

そんな時は、オウンドメディアやコンテンツマーケティングのサポートを行っている事業社(運営代行業者)がありますので、こういった外注先を活用して運営してくのも一つの手ですし、そもそも経験のあるプロに任せた方が成長スピードや成功という点では効率が良いこともあると思います。

▼オウンドメディアの立ち上げに関する知識や具体的な制作メンバーは下記でご紹介しています。

まとめ

オウンドメディアの費用については自社で全て内製するのか、一部外注するのか、もしくは一括で運営代行に任せるのかによって様々です。
自社の社内を見渡してみて何が足りないのか、足りない場合はどこからどこまでを外部にお願いするのかを協議した上で相談してみてはいかがでしょうか。

Appmartでも制作から運営代行まで全て行うプランや、記事や動画など一部コンテンツの制作を行うプランもご用意していますので、気になった方はぜひお問い合わせ下さい。

具体的な費用を聞く

松田 慶司郎 記事の投稿者: 松田 慶司郎

オウンドメディアの運営からコンテンツマーケティングのサポート、各種プロモーションの企画など、集客におけるWEBマーケティング全般をお手伝いさせて頂いております。