オウンドメディアの分析は何を見ればいい?目標に合わせた数値を解析しよう

お悩み解決資料公開中

オウンドメディアの分析をしなければいけないのに、何の数値を見ればいいのかわからない……。なんてことはありませんか?コンテンツを配信しても、分析・改善を行わなければ、コンテンツマーケティングの効果を最大限に得ることはできません。

今回は、オウンドメディアの分析方法についてご紹介します。

お悩み解決資料公開中

オウンドメディアの分析には何が必要か?

オウンドメディアの分析とは、今後の改善点を見つけるために行うもので、メディアを運営するうえで欠かせないものです。該当メディアのアクセス状況やコンバージョン数などのデータを分析し、サイトの問題点や改善点を知り、それらに対する対策を行いましょう。

まずは、分析を行う上で必要なアクセス解析ツールについてご紹介します。

必要なツール1:Google Analytics

Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、ユーザーがサイト内でどんな行動をしたのかがわかるものです。PVや滞在時間、再訪率、回遊率、直帰率など、サイト内のアクセス状況を分析できるため、必ず導入するようにしましょう。

また、資料ダウンロードやお問い合わせなど、CV(コンバージョン)の設定を行えば、メディアからCV数はもちろんのこと、CV率もわかります。

必要なツール2:Search Console

Search Console(サーチコンソール)は、サイトへの入り口がわかるもので、サイトに訪れるまでの数値を分析することができます。

そのページにアクセスされる前に検索されたキーワードや検索順位、クリック数、CTRなど、自然検索でどのくらい流入があるのかを把握しましょう。

その他にも、さまざまなツールがあります。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

チェックしたい指標一覧

分析を行う上で、確認しておきたい主な指標は次の通りです。

指標 わかること
PV数 閲覧したページの合計数
UU数 サイトに訪れたユーザー数
セッション数 ユーザーがサイトを訪れた回数(複数ページを見ても1とカウントされる)
ページ/セッション 1セッションあたりのPV数の平均
CV数 お問い合わせ数や資料DL数など(メディアによって異なる)
CVR(コンバージョン率) コンバージョンに至った割合(母数の設定によって異なる)
平均ページ滞在時間 そのページを閲覧している平均の滞在時間
直帰率 1ページだけ閲覧し、そのまま直帰した割合
検索キーワード どのワードで検索されているのか
表示回数(インプレッション数) 検索結果上にサイトへのリンクが表示された回数
クリック数 リンクをクリックした回数
CTR インプレッションからクリックに繋がった率(クリック率)
平均掲載順位 検索結果に表示されたときの順位

分析の方法

オウンドメディアの分析は、目標に合わせた数値を見ることが大切です。設定した目標やメディアの目的によって確認する数値が異なるため、それぞれに合った方法で分析を行いましょう。

例えば、アクセス数を増やしたいのであればPV数はもちろんのこと、検索順位、クリック数、CTRなども確認し、問題点を洗い出すことで改善に役立ちます。

CV数の増加を目標にしている場合は、実際にCVが発生しているページを確認し、どのキーワードで検索されているのか、どれだけアクセスがあるのかなどの確認をしてもいいですね。

分析の後は改善を!

数値の分析を行った後は、その原因を探り改善を行うことが重要です。

平均掲載順位が低い

平均掲載順位が低い場合、そのキーワードの検索意図に記事の内容が合っていなかったり情報が足りなかったりする可能性があります。そのため、記事のリライトを検討しましょう。

リライトについては、こちらの記事をご覧ください。

直帰率が高い

直帰率が高い場合、そのコンテンツに満足してそのまま離脱しているか、欲しい情報がなくて離脱しているのかの2通りに分かれます。後者の場合は、そのページの平均滞在時間が短いことが考えられます。その場合、ヒートマップツールのような他のツールを使えば、どこで離脱しているかがわかるため、しっかりと分析を行うことで、改善への手立てが見つかるでしょう。

前者の場合であれば、内部リンクの追加を行い、遷移を促す方法があります。

CTRが低い

検索され、記事が上位表示されているのにも関わらずクリック率が悪い場合は、タイトルやディスクリプションが興味を引くものではない可能性があります。

CTRの基準は、検索順位や分野、強調スニペット、リスティング広告が表示されているかなどによっても異なります。それぞれの記事を確認するようにしましょう。

CV率が悪い

資料ダウンロードやお問い合わせなど、設定したCVによって対策は異なります。例えば、資料DLボタンのあるページへのアクセスは多いのにDLされない、という状態であれば、CTRボタンのデザイン変更も検討する必要があるでしょう。

お悩み解決資料公開中

まとめ

オウンドメディアの成果を得るためには、コンテンツ制作や配信だけでなく、分析・改善まで行う「運用」が欠かせません。オウンドメディアの分析は、目標から逆算して必要な数値を見ることがポイントです。その後の改善も視野に入れて、数値の分析を行いましょう。

分析についてのお困りの方はコチラ

黒崎愛 記事の投稿者: 黒崎愛

Appmartの営業担当です。コンテンツマーケティングでクライアント様の成果に繋がるよう、日々勉強中! 旅行が好きで、各地出没します。