コンテンツマーケティングの必要性とは?従来の手法との違いを解説!

コンテンツマーケティングの必要性

昨今台頭しているコンテンツマーケティング。他のマーケティング戦略とは何が違い、どのような効果が見込めるのでしょうか?また、そもそも導入を検討する必要性は高いのでしょうか?

この記事では、「コンテンツマーケティングに興味はあるけれど、必要性に疑問を感じている」という方を対象に、

  • コンテンツマーケティングとは何か?
  • コンテンツマーケティングは他のマーケティング手法と何か違うのか?
  • コンテンツマーケティングを導入する必要性はあるのか?

といった点を解説いたします。

上記の点を押さえることで、コンテンツマーケティングの必要性に関する疑問を解決させることができます。

コンテンツマーケティングとは?

『IT用語辞典バイナリ』より、コンテンツマーケティングの定義と特徴を引用いたしました。

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを通じてユーザーに何らかの価値を提供し、最終的には購入へ結びつける(マーケティング上の効果を得る)マーケティング方法である。

コンテンツマーケティングの実現方法、用いられるコンテンツやメディアの種類は、場合によって異なる。ブログ形式で「お役立ち情報」を発信する方法もあれば、ソーシャルメディア上で面白ネタ感動ネタを紹介する方法、コミュニティを設置してユーザー同士の交流を促す方法なども含まれる。いずれの場合にも「ユーザーに価値を提供する」ことに焦点を当て、自社商品やサービスのプロモーションは二の次に位置づけられている点は共通する特徴といえる。

引用元:IT用語辞典バイナリ「コンテンツマーケティング」

上記にあるように、コンテンツマーケティングとは、ユーザーに価値を提供するマーケティングの形態を指します。

また、「潜在層にとって価値あるコンテンツを提供することで潜在顧客を自社のファンにし、優良顧客として育成する」という戦略を主軸としています。

コンテンツマーケティングは他の手法と何が違う?

コンテンツマーケティングと他のマーケティング手法の違いは、「アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングの違い」という視点で捉えるとわかりやすいです。

アウトバウンドマーケティングとは?

アウトバウンドマーケティングとは、企業からターゲットに「企業が伝えたい情報」を発信するアプローチのマーケティングを指します。「ターゲットに企業の情報を送り出す(アウトする)」と考えると、イメージがしやすいかと思います。

具体的な施策としては下記が挙げられます。

  • テレビCMで自社のサービスを紹介
  • ダイレクトメールで自社の製品を宣伝
  • ポップアップ広告で自社の新製品の発売日をお知らせ

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは、企業からターゲットに「ターゲットが知りたがっている情報」を発信するアプローチのマーケティングを指します。「ターゲットに企業の情報に訪問してもらう(インしてもらう)」と考えると、イメージがしやすいかと思います。

コンテンツマーケティングはインバウンドマーケティングの手法の一つと言うことができます。

具体的な施策としては下記が挙げられます。

  • ブログでおいしいお菓子の作り方を紹介
  • SNSに肩こりに効くストレッチの動画を投稿
  • 無料でダウンロードできるホワイトペーパーに節税のノウハウを掲載

コンテンツマーケティングを導入する必要性は高い?

近年、スマートフォンの普及により、消費者はウェブメディアやSNSで頻繁に情報を収集するようになりました。その勢いは、国の調査からもわかるように、テレビや新聞を超えるとも言われています。

総務省情報通信政策研究所「平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

出典:総務省情報通信政策研究所「平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

それに伴い、消費者の情報収集のスタンスも変化しつつあります。テレビなどからの受動的な情報収集に加えて、ウェブメディアなどを能動的にリサーチする機会が増えたのです。消費者が、自分が知りたい情報だけに触れる機会が増えていると考えても良いでしょう。

そのため、コンテンツマーケティングのようなインバウンドマーケティングは、昨今の傾向に沿った施策として多くの企業が導入し始めています。

「スマートフォンなどのデジタルデバイスなどの普及により消費者が情報過多で疲れており、消費者が広告を見る気を起こしてくれない…」という課題を抱えている場合は、コンテンツマーケティングの導入を検討すべきと言えるでしょう。

下記の記事では、コンテンツマーケティングのメリットとデメリットを詳しく解説しておりますので、「コンテンツマーケティングを導入するべきかまだ悩んでいる…」という方はご一読いただけると幸いです。
参考記事:コンテンツマーケティングのメリット6選。デメリットも紹介

まとめ

消費者のニーズにアウトバウンドマーケティングではなくインバウンドマーケティングがマッチしている昨今、コンテンツマーケティングは相性が良い手法と言うことができます。

コンテンツマーケティングに関して不安がございましたら、コンテンツマーケティング全般を包括的に支援可能かつ実績豊富な弊社に是非お問い合わせくださいませ。

お問い合わせ窓口はこちら

松舘優希 記事の投稿者: 松舘優希

Appmart株式会社でディレクターを務めております。「ユーザーが求めるコンテンツ」を目指し、日々コンテンツを制作しております。