2017年コンテンツマーケティングの実態調査

2017年、最も獲得につながったコンテンツとは


コンテンツマーケティングを実施する企業が増え、その運用方法は企業によってさまざまです。
そこで今回、「2017年のコンテンツマーケティングの実態」を調査すべく、20代~50代の男女331人、コンテンツマーケティング従事者に対して調査を実施。 自社コンテンツの目的や運用コスト、成果を実感するまでの期間や集客につながったコンテンツの種類などを調査しました。

【調査概要】
有効回答:331名
調査期間:2017年12月19日~12月22日
調査方法:インターネット調査
調査対象:コンテンツマーケティング従事者
設問数 :9問
調査会社:MMD研究所

【設問】
Q1.業種について
Q2.従業員数について
Q3.コンテンツマーケティングの目的について
Q4.運営体制について
Q5.月間の運用費用について
Q6.もっともコストがかかっているものについて
Q7.成果を実感し始めた時期について
Q8.もっとも獲得(CV)につながったコンテンツについて
Q9.これがあればもっと成果を早めることができるという項目

この資料で得られるもの

他社のコンテンツマーケティングの状況がわかる

コンテンツマーケティングにおける課題解決のヒントが見つかる

コンテンツ別の重要度がわかる

是非、貴社のWebマーケティングにお役立てください。

2017年コンテンツマーケティングの実態調査

フォームに必要事項を入力すると資料をダウンロードできます。

個人情報保護方針はこちら

※ダウンロードに時間がかかることがあります。

mautic is open source marketing automation